女子大生はセフレになりやすい?

女子大生はその若さからかあまり深く物事を考えず、勢いだけで生きているような人も中にはいます。
初めての一人暮らしは夜の外出や外泊に対して危険に思う気持ちを限りなくゼロにしてしまうのでしょうか。
高校生の頃真面目であればある程、抑圧から開放されてハメを外してしまう女の子が多いようです。

人生経験が浅く雑誌の記事などに乗せられやすいため、とにかくセックスの経験がないのは格好悪いと思っているような子もいるようです。

また、携帯電話を肌身離さず持っていてメールやSNS、アプリを毎日利用していますから、出会い系サイトを目にする機会も、利用する機会も多いと言えます。
そういった意味ではセフレにする条件は満たされているのです。

特に社会人の男性にとっては、アルバイトくらいしか固定収入を持たない学生は非常にありがたい存在で、会って食事をする時でも一人5000円程度の食事をおごるだけで、高級ディナーのようにとても喜んでくれます。

女子大生側もそういった大人な相手を求めています。
女子大生を相手にする時はとにかくノリが良く、会話の楽しい大人であることを心がけましょう。
もちろん相手に警戒心が全くないわけではありません。
掲示板やメールのやり取りでは優しく紳士的な態度で振る舞うようにしてください。

あくまでも男性は紳士的に接していこう

セフレ相手だからこそちょっと油断をしてしまってセフレである女性に対してはちょっと素っ気なく接してしまったり、愛の無い態度を取ってしまって気遣うことも忘れてしまっている男性もいるかもしれませんが、例えセフレであったとしてもお相手は女性であることに変わりはありません。

女性は誰もが男性には優しくされたい、男性に甘えたいと心のなかではそんな欲望も抱えているので男性にはいつだって紳士でいてもらいたいと考えています。

ある程度割り切った関係でセフレとして出会っているわけですから恋人のように甘い一時を過ごすこともできないものですし、目に見えた優しさのようなものは感じることはできないのかもしれませんが些細なことであったとしても紳士的な要素というものはいつだって見ていたいと考えています。

それをついついセフレだからということで女性のことへの気遣いなど出来ていないような男性というのはちょっとセフレとしての以前よりも男としては頼りない存在と女性たちは考えています。

それがセフレとしての好意も抱くことができず、だらしない、と思われていき、楽しめるセックスすらも楽しめなくそうそうにホテルでの時間を切り上げてしまう人もいます。